福島原発事故 レベル7

福島第一原子力発電所の事故について、経産省の原子力安全・保安院が
最も深刻なレベル7に引き上げると発表しました

あの原発事故でよくニュースに出ていた「チェルノブイリ」と一緒で世界で2例目になります。

レベル7というのは国際的な基準で、放射性のヨウ素の流出量が
数万テラベクレルを超えた場合にレベル7に該当するようです

ただ、チェルノブイリ原発の事故と比べると

チェルノブイリ=被ばくによって亡くなられた方:30人/放射性物質の放出量:520万テラベクレル
福島第一原発=被ばくによって亡くなられた方:0人/放射性物質の放出量:63万テラベクレル

で、同じレベル7でも全く違う状況という声もあがっているそうです

ちなみにテラベクレルの「テラ」というのは大きさの単位で
日本語だと「兆」で、今回の63万テラベクレルを数字で書くと

630,000,000,000,000,000ベクレル

です

こんなに沢山0を書いたの初めてーーー

ranking
私の記事が少しでもお役に立てて、クリックして頂ければ嬉しいです
クリックして頂けるだけでやる気が全然違いますね

コメントを残す